専門的な事務作業|タクQで貴方にマッチする仕事に巡り会える

タクQで貴方にマッチする仕事に巡り会える

専門的な事務作業

ウーマン

語学力が大事

貿易事務が貿易に関する書類の作成やスケジュールのプラン策定、そして貿易帳簿の管理などが主な仕事になっています。日本の貿易自由化に伴い、そして日本国内だけの売上を向上させることが難しい現代においては、貿易を開始する会社も増加しています。しかし貿易は日本国外と取引を行うため専門の知識が必要になります。貿易事務は、海外の書類にも精通していることが求められている事から、貿易の実務経験と語学力が必要になります。特に基本となる英語は貿易における共通語になるため、英語力があることは強みになります。貿易事務では、海外に書類を翻訳して決済に回すことも多く英語ができることは貿易事務の業務の幅を広げることができるのです。

派遣は単価が高め

貿易事務に携わる人は未経験からでも可能ですが、貿易業務を始める会社は大企業とは限りません。できる限り人件費を抑えることを考慮すると貿易関係の実務経験を持ってる人を採用します。通関士など資格があれば、さらに幅広い業務を行う事ができますので、人件費の削減につながるのです。さらに語学力を求めますので、一般採用よりは派遣などを用いる方が人材を集めやすいメリットがあります。しかしこれだけの専門的なスキルを要している事を考慮すると派遣の料金も高額になります。自社で採用するのであれば、人件費コストを低くすることもできるため、英語のできる担当者をアサインするか、新規採用するにしても時間をかけて募集することが大事になります。